キャッチフレーズが会社を変える

大袈裟なようではあるが大げさな話ではない。

キャッチフレーズは会社の意識全体を支えていきます。

特に会社が成長するにつれ社員の意識を統一するにはとても重要なファクターです。

そもそも仕事とは何か会社とは何か普段の生活の中では意識することはなかなかできないものです。

もちろん会社の設立当初にキャッチフレーズを作成することが重要ですが、途中から再認識する意味でつくることも大きな意味を持ちます。

キャッチフレーズは外向きに作る場合と内向きに作る役割があります。

つまり内向きに対しても外向きに対しても会社の業態を明瞭にする役割があります。

会社としてのミッションが明瞭になることで社員の意識もまとまり、また外部からの認識も高まります。

これによりより強固なブランドイメージを構築することができるのです。

もしキャッチフレーズやコーポレートスローガンがない会社は是非作成することをお勧めします。

関連記事

  1. 起業・創業したい人について

  2. 現場百遍

  3. 人と人の繋がり

  4. スマホが水没

  5. なぜ子どもの教育をするか?

  6. シナリオとSTORY

  7. デザインで収益性の高い会社にする

  8. 100年以内に売れればよい

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay