会議で意見が割れて多数決になるとき

会議で意見が割れて、結局多数決で決める場合。結局、6:4とか微妙に割れて、決まった後もどちらも、もやもやすることはあると思う。

これは選挙みたいなもので、各人の価値観が異なり、個人の主観で決めてしまうので、組織にとってはベストの結果ではない。

民主的とはいうが果たしてそうか?

むしろ、間違っているかもしれない。

何かの決断をするときは、ある目標を達成しなければならないという命題があるが、その手法はあくまで推測でしかない。

であれば、意見が割れないように、情報を精査して判断しチームひとつとして活動するほうが力を発揮できる。

ところが、企業では、だれもが人の対立を避けるため、あるいは説得したり、ネゴシエーションをしたり、稟議資料に時間をかけたりして、膨大なコストと時間を割く。

これは仕事のための仕事で無駄な時間である。

では、この仕組みや基盤を変えるにはどうすればよいか。

それは、チームを3名くらいまでに絞り込むことだ。

決済チームは2〜3名。あとは実務チームを付加する。

2〜3名であれば大きな目標のずれは生まれず、しかも派閥にならない。しかも決済が早い。

大きな組織や決断が重要なものほど、多人数で責任分散しようとする。これが癌だと思う。

重要な決断こそ少数で。そう思う。

関連記事

  1. 文字のレイアウトについてのセミナー

  2. 無料相談

  3. リクルートサイトって何?

  4. デザインを経営に生かす

  5. 日本沈没

  6. NFTとメタバース

  7. NFT

  8. 遊ぶことの大切さ

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay