NFT

仮想通貨、ブロックチェーン、そしてNFTとネット関連は最近目まぐるしく進化を続けています。そして、どれもいわゆる怪しい世界です。

しかし、「怪しい」という言葉は、理解できない、あるいはリスクがある、更には騙されているという感情です。

真実は何か?

自分で調べて確かめるしか方法はありません。そんな行動の中で、間違い、真実の判断がついてきます。では、限られた時間や情報の中でどのように確かめるのか?

小さなリスクを犯し続けることです。

すべて、やってみる、確かめてみる。それも倒れない程度のリスクで。

仮想通貨やメタバースやNFTは眉唾物か?

そう、考えたときに過去の経験を思い出します。インターネットブラウザがなかったころのパソコン通信、このころはニフティサーブという、真っ暗な画面にテキストが書き込まれるものに衝撃を覚えました。

こんな知らない世界で、人が会話している。

信じられない。

それから僅か1-2年でカラーブラウザになり、ホームページができて、メールが世界で使われ始めました。それも爆発的に。

それが、また今から始まろうとしています。

現状はこのことに気づいている人は1000人に5人です。だから面白いと思います。

関連記事

  1. 遊び力 電子書籍出版

  2. リクルートサイトって何?

  3. 保護中: 新聞の確認について

  4. スーパーマーケットトレードショー

  5. ブランディングの誤解

  6. ジェフ・ベゾス氏のInvent & Wander

  7. グローバルチーム

  8. 広告しなくてよい状態

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay