eatKANAZAWA

eAT KANAZAWA、1997年より金沢市が継続開催しているメディアアートとクリエイターの祭典。なんと継続25年になるらしいです。恥ずかしながら昨日初めて参加しました。
結果、とても良かったです。内容はAIやYouTuberとして一線で活躍する若手の起業家の話や、ベテランの方の広告畑の話でしたが、その価値観の変化やスピードを感じました。

僕が大学のころ目指していた華やかな広告クリエイターという職業価値は、今は既に希薄で、テクノロジー主体の高度なコミュニケーションに移りつつあることや、意外と起業家は腰が低くて、好きなことをやり続けている人たちなんだなと思いました。

トークは、若手と、ベテランのハイテク&人情との掛け合いで、なごやかで楽しかったです。

気になった言葉を記載しておきます

仕事は世の中に迎合すること
紙の出版物に拘る
夢は専業主婦
仕事はわるふざけ

確かこのeatKANAZAWAは金沢市の予算が途絶えて一度終了することになり、有志の方が延命したことがあると聞いています。このようなイベントに無料で参加できることに感謝しますし、若い方は是非参加してほしいと思いました。
あ、僕のように年配の方も勉強になります。

関連記事

  1. 動物愛護

  2. スマホが水没

  3. 文字のレイアウトについてのセミナー

  4. ネーミングと商品

  5. ブランドパンフ

  6. 保護中: 新聞の確認について

  7. 小さなブランドづくり

  8. 人と人

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay