スーパーマーケットトレードショー

幕張メッセで開かれた、スーパーマーケットトレードショーを見てきました。取引先が出展されていたのと、今後の食のトレンドを調査するためです。

何百社とある中で、健康志向や環境性を謳ったブースが目にとまりました。

たとえば、飲料輸入の商社では、10年前からノンアルコール飲料に注力されていて、当時はさっぱりで馬鹿にされていましたが、現在はトップランナーで業績もよいとの話。

あるいは、ソイバーガーの開発で、肉市場を徐々に色替えしている企業など、一歩先を見据えています。

これだけのブースが、出ているとみなさん戦略を持ってきていますが、空回りしていることもあり、やはり戦略=ブランディングは大切だと思いました。

特にブースの位置は大切です。組合よせあわせでは全体の見栄えにインパクトがありません。ある程度の大きさや、壁位置は避けて島位置が良く、後ろのスペースは適度に開けて、かつ、威圧感のある営業マンや、キャンペーンガールは避けた方が良いと思います。

商品はバラバラのものは沢山置かず、ブランドイメージを統一したレイアウトを。

やはり、パット見、話しやすそうな方を置いたほうが良さげです。

何回か展示デザインをしましたが、コツは要ります。

関連記事

  1. 食とアート

  2. 旅行

  3. 第9回 石川美食会のご案内

  4. 余暇と暮らしのデザイン

  5. close-table

  6. 必要とされるものを作る

  7. リクルートサイトって何?

  8. 無料相談

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay