必要とされるものを作る

作って売り方を考える。そんなクライアントが多いです。広告やブランディングをして大量に撒き餌をして、該当する魚を釣るような話です。

この方法、そもそもスタートラインが間違っていて労力やコストばかりが消費されてしまいます。

でもまだ世の中の95%くらいが、このような考え方です。

20年前までは作って大量宣伝することがスタンダードでしたのでこれで良かった。

でも今はSNSやネットが主流で、個人の趣向が緻密に分析されてつながっている時代です。

無駄な広告はやめましょう。むだな製造もやめましょう。

はやく気づいて、無駄をなくすべきです。

本当に必要なものを少量から育てて作り、本当な人にだけ届ける。

それがターゲット型のネットマーケティングでは可能です。

関連記事

  1. デザインとパッション

  2. 文字のレイアウトについてのセミナー

  3. ブランドコンサルティングの仕事

  4. リクルートサイトって何?

  5. 無料相談

  6. インクルーシブ

  7. ネットの炎上

  8. ユニクロ

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay