オリジナル商品とOEM商品の岐路

クライアントのパッケージデザインの相談を受けていて、よくOEMへの対応について迷うことや、岐路にぶつかることがあります。

●A 製造メーカーの立場

取引の販売を受け持つ相手が、独自のブランドイメージや販売チャンネルに合わせて、パッケージデザインを変更して販売したいと考える場合。

メーカーにとってのメリットは、販売努力をしなくても、売れていき安定収入が得られる。デメリットとしては、剥離になり販売コントロールが困難になったり、自社ブランドの独自性が失われる。

●B 販売専業者の立場

製造メーカーの商品品質を生かしつつ、販売戦略や売り方に注力して販売したいと考える場合。

メリットとしては、顧客に近いため細かなニーズを汲み上げたマーケティングができる。デメリットとしては、取引要件によっては在庫リスクが発生したり、安定かつレスポンスの高い仕入れ先でないと信用が築けない。

で、お互いの強みや弱みを補完するという点ではOEMはメリットがあります。では数十年という長期的な安定成長を目指した場合はどうか?

その場合はメーカーの思想やブランドポリシーがしっかりしていた方が安定するのかと思います。それはアップルコンピューターを見て伺うことができると思います。

ブランドとは信念なのかと思います。

これは、私が個人で考えていることではなく、様々なブレーンに聞いたり経験したりしたことのおぼろげな答えです。

では私の仕事とは何か。

そのブランドを作るお手伝いをすることなのかと思います。

関連記事

  1. 遊ぶことの大切さ

  2. 暇と退屈

  3. デザインを経営に生かす

  4. 福祉とデザイン

  5. スマホが水没

  6. 日本沈没

  7. 新規事業のデザイン

  8. 余暇と暮らしのデザイン

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay