戦いとは

私は軍事オタクです。

戦闘機や航空機が好きなのですが、何故そんなモノに魅力を感じるかというと、

戦いというはっきりとした目的に対して、極限まで機能を追及しているからだと思います。

戦いのない世の中は平和というけれど、そもそも人類が永らえているのは、戦いや進化があったからこそです。

その形が変化してきているだけ。

つまり、生き物にとっては戦いは避けて通ることが出来ないSaGaなのです。

鉄砲で人を撃たなくても、情報で勝り遠回りに出し抜くのが現代です。

体力より知力が求められています。

経営者もサラリーマンも企業も国も、この知力の戦いの中にあります。でもこれは不幸なことではないのです。

戦えること、そのストレスに悩まされること、これが生きるという姿なのだと思います。

もしかして、生きる意味や幸せなのかもしれません。

今日もヘトヘトに、なるくらい悩みました。戦いに勝つために。

関連記事

  1. 行政のブランディング

  2. 子どもアートキャンプ2019夏休み石川県白山市

  3. 値下げと値上げの葛藤

  4. eatKANAZAWA

  5. 九谷焼技術研修所の講師

  6. KPIのよいところ悪いところ

  7. ユニバーサルデザインと社会貢献

  8. 会議で意見が割れて多数決になるとき

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay