お金とデザインの関係

新年早々俗な話です。

デザインとお金はどういう関係があるの?ということですが、私の解釈は、

「コミュニケーションを妨害しない」と定義づけています。

そもそも、デザインの語源はde.signで、表現をしない、です。

経済の流れ=お金の流れは、価値あるものをより安く、あるいは無駄を無くして効率を好みます。

仮想通貨がエポックメイキングなのは、国境を軽く超えるからです。

ならば、国境や人種や、価値観を越えて、敷居を下げるのがデザインの役割です。

個性的なデザインや芸術の希少価値と、経済コミュニケーションとしての手段とは意味が違います。

そんな意味で、お金=価値をシー厶レスに繋ぐのがデザインの役割となっています。

分かりやすく、汎用的に、情報を妨害しない

そこに重きをおきたいと思いますし、それが経済の成長に繋がります。

関連記事

  1. 文字のレイアウトについてのセミナー

  2. アベノマスク

  3. DEEP MARKETING とは

  4. 個人の時代

  5. 現場百遍

  6. ネーミングと商品

  7. ユニクロ

  8. 日本沈没

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay