ユニバーサルデザインと社会貢献

だれもが使いやすいデザイン、それがユニバーサルデザイン。

専門用語です。

健常者、障害者、大人、こども、病気の方、男性女性、総合的に使いやすさを追求します。

物だけではありません。グラフィックの見え方もそのひとつ。

モノのデザインに取り組むことがありますが、見栄えで機能が明瞭に理解できることも大切です。

わかりやすさ、つかいやすさはデザインの原点。

抵抗や壁を取り除くと経済ロスを低減し、社会貢献に繋がります。

たった1ミリの形の違い、わずか0.1ミリのデザイン調整でも世の中に役立つことができます。

関連記事

  1. eatKANAZAWA

  2. ロゴマークのデザインから始めるブランド開発

  3. 個人の時代

  4. 3Dキャラとメタバース

  5. 動物愛護

  6. ネーミングと商品

  7. デザインの授業

  8. DEEP MARKETING とは

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay