前澤友作さんの宇宙旅行

前澤さんの国際宇宙ステーションからのYouTubeを見ました。

「地球って丸いんだ」

そんな庶民的な感想が妙にリアルで面白かった。普通の人ならもっと礼儀正しく言葉を選ぶのですが、思ったことをそのまま言うのは前澤さんらしいな、と思いました。

バンド時代zozo の黎明期からよく記事を読んでいて、好奇心と行動力だけで生きている人だなあと思ってました。

株式を売却したところから、お金持ちレッテルを貼られた訳ですが、そもそも会社の成長で経営者はお金儲けを意識しているわけでなく、まるでゲームのように楽しんで努力してきたのだと思います。

実はTwitterの最初の100万円お金くばり企画に応募してみたことがあります。確か子供の学校づくりへの支援。

ちょっと企画の趣旨が知りたくて投稿してみました。もちろん当選することはありませんでしたが、少し気づいたことがあります。

もしかして、叶うかもという1ミリの期待です。

思えば前澤さんが、ネットでブランド服を、売ることに当時は一社も見向きもしていなかった時代に、ユナイテッドアローズの重松さんが前向きに取り組んでもらったり、システム開発のデータベースを友人と行ったりと小さな努力を積み重ねてきたことを想起します。

つまり、見かけは豪快ですが、やっていることは小さな活動であるということです。

前澤さんの言葉、夢は叶うというのは、言葉足らずで、小さな努力をするというのが適切かもしれません。

関連記事

  1. 現場百遍

  2. 成功する人の条件

  3. ブランドコンサルティングの仕事

  4. 日本沈没

  5. ネットの炎上

  6. 無料相談

  7. 保護中: 新聞の確認について

  8. NFT

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay