食とアート

なんだか食にまつわる話が多くなってきました。地元石川県では、石川美食会なるものに入って広報活動をしてみたりしています。

小さなご縁が重なり、美食家的なそぶりをしてみたり、最近は東京のシェフのサロンに入ってみたり、はたまた仕事も食のコーディネートの話があったり。

でも、世界一美味しのは「たこやき」だと思っているC級グルメな私なので、いささか場違いなのかと思っています。

ただ、数万円のお料理を出している方は、これはもうアーティストなんですね。トップミュージシャンを目指すことや、有数の画家を目指す人たちと同じように、価値創造へのモチベーションが高い。

なので、そんな方を見ていると、生きることは何かの創造活動を模索し続けることなんだな、と共感するものがあり学ぶことも多いです。

ではアートって何だ?と言われると美しいものとか、前衛とかそのような上品なものではなくて、「俺の世界はこうだ!」という宗教的なものだと思います。

食とアートは、五感を感じる、究極の贅沢な?体験なのかもしれません。

石川美食会

http://ishikawa-bisyoku.com/

関連記事

  1. 2019新年にあたり

  2. 顔はブランド

  3. 100年以内に売れればよい

  4. モザイクタイルフォトフレーム-ワークショップ

  5. 新型コロナウイルスと今の社会

  6. 暇と退屈

  7. フードブランディングとは

  8. 作りたいものを作ると失敗する

PAGE TOP