シナリオとSTORY

最近シナリオの重要性について再認識しています。こんな情報過多な時代にあって、情緒的なストーリーはとても大切。

シナリオはいつくかの使われるシーンがあります。ビジネスストーリーは、課題やきっかけがヒントになりビジネスとなっていく話。プライベートストーリーは、一人の人の生い立ち、カンパニーストーリーは、会社の歴史と活動を辿る話。

もっと小さなくくりでは、友達ストーリーとか、夫婦のストーリーとかあります。

あるいは、楽しみかたでは、旅行や出会いもストーリーの中にあります。

つまり、出来事を時系列でつなげることで、文化的に事象が意味や価値を持ってくるのです。

仕事の世界では、スティーブ・ジョブズが、Connecting the dots”(コネクティングドッツ)と表していますが、結果的にSTORYを描いているのかと思います。

努力して無駄なことは一点もない。そう思えてきます。

関連記事

  1. 必要とされるものを作る

  2. 新型コロナウイルスと今の社会

  3. 阿部元首相の事件について

  4. 顔はブランド

  5. 石川県よろず支援拠点を卒業

  6. リクルートサイトって何?

  7. Kindle

  8. ブランディングの誤解

PAGE TOP
Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHindiJapaneseKoreanMalay